◆CPD制度の概要

神奈川県下ではいくつかの団体で、
マンションに関わる様々な問題の相談アドバイザーを活用しているが、
その資格維持・向上への関わりは各人・各団体によるところが大きく、
また各人の専門性において偏りがちになるケースもある。
各団体が実施する研修会や勉強会、見学会への参加をポイント制にして、
神奈川県下共通の「継続的能力開発(CPD)制度」とすることにより、
アドバイザー登録の更新などの参考または評価にする。

マンション管理アドバイザー・相談員には、CPD手帳が発行され、セミナー等に参加するごとに、ポイントとして、印をためていく

◆マンション管理アドバイザー・相談員〈CPD制度〉要綱(PDF)

◆対象となるアドバイザー・相談員

・マンション管理アドバイザー
(社団法人かながわ住まい・まちづくり協会主宰)
・マンション相談員
(NPO横浜市住宅リフォーム促進協議会主宰)
・横浜市マンション・アドバイザー派遣相談員
(横浜市主宰)

◆CPD制度への参加団体

・NPOかながわマンション管理組合ネットワーク
・NPO横浜マンション管理組合ネットワーク
・NPOかわさきマンション管理組合ネットワーク
・NPOよこすかマンション管理組合ネットワーク
・社団法人かながわ住まい・まちづくり協会
・NPO横浜市住宅リフォーム促進協議会
・神奈川県マンション管理士会




■神奈川県下のネットワーク、職能団体に登録の
マンション管理アドバイザー・相談員を対象とする
継続的能力開発(CPD)制度について
(=Continuing Professional Development)

◆CPD対象セミナー・勉強会等のお知らせ
  ・・・神管ネットホームページへ